So-net無料ブログ作成
検索選択

振袖選びの常識!きものと振袖帯!振袖小物との合わせ方! [振袖の買い方]

振袖帯や小物のコーディネートの基本がわかります!


私は着物問屋の営業マンです。

普段は百貨店の呉服売り場に出入りしています。

このブログは着物初心者の方や普段全くきものに触れない方のためのブログです。

 

悪質な呉服屋さんやきものチェーン店は存在します。

 

巧みな勧誘や強引な販売で必要以上に高額なきものや帯を買わされて後悔したくないですよね!

このブログできものや帯を賢く!上手に!安く!買う方法を教えます。 


参考にしてください。


振袖は未婚女性の最高の晴れ着です!


きものは日本が世界に誇る民族衣装です。

なかでも長い袂がゆれる振袖は未婚女性の第一礼装(既婚女性は留袖です。)


成人式以外にも卒業式、謝恩会、結婚式やパーティ、お正月の初詣新年会などいろいろと着用する機会はあります。

青春の記念日を美しく、心豊かな思い出として残してください。



振袖の長さ!

大振袖 

3尺3寸(約125cm)花嫁衣装に

振袖  

3尺(約114cm)成人式、披露宴に

中振袖 

2尺4寸から2尺8寸(約91cmから106cm)初釜やパーティに

小振袖 

2尺から2尺3寸(約78cmから87cm)お茶会に

振袖と帯合わせの基本!

振袖の地色や柄色と同系色の振袖帯を合わせるとモダンなテイストになります。

ポイント

振袖の柄、1色とあわせることでバランスがよくなります。


振袖の色と帯の色が反対色か遠い色の場合、若々しくなります.

黒地の帯は振袖をひきしめます。

※体格の良い方が黒の帯をするとそこだけが強調されてしまいますのでおすすめしません


振袖と帯の柄合せの基本!

古典的な柄の振袖には古典的な柄の帯を モダンな柄の振袖には抽象的な柄やデザイン的な柄あわせが基本です。



帯締め帯揚げのコーディネートの基本!


長尺 帯締め「赤×白色 梅の花」正絹帯締め 振袖小物 振袖帯締め 和装小物 <H>【メール便不可】



帯揚げは総絞りのものが一般的で、振袖や帯の柄の一色を使うのがオーソドックスな方法です。

重ね衿の色と同系色であわせればモダンになります。

また反対色であわせれば華やかになります


帯締めは太めのものを使います。

色は重ね衿か帯揚げのどちらかの色に合わせるとまとまりやすいです。



平らに組まれた平組みと丸く組まれた丸組みがあり、飾り結びには丸組みを使います。



この基本を知っておいてください。

百貨店や呉服屋さんに頼らずにネットでご自身で振袖コーディネートが楽しめます。

実践してみてください。

振袖小物合わせは百貨店や呉服屋さんで買う場合はトータルでコーディネートをしてもらえます。

実際に着物をお店に持っていけばイメージしやすいですよ!

振袖小物はいいものにこだわればきりがないです。

ネットでは安く販売されていますのでそちらで十分だと思います。

ネットで検索するのが大変な人は百貨店の呉服セールに出かけてください。

いいものが安く出品されてますし販売員さんが一緒にコーディネートしてくれるので安心です。

面倒ですが振袖や帯が決まっていたら持参すればぴったりのコーディネートが完成です。

おすすめ記事は

 振袖や帯を賢く買うため!時期は!選び方は!レンタルは?

 振袖を安く買う方法!いざ買うときに心がけたい3点!リサイクルは?

着物や帯を安く買うために知っておきたい!売り手の心理!


スポンサードリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0