So-net無料ブログ作成

更紗柄のつけさげに合わせる帯!小森織物が安い!相場は! [おすすめ袋帯]

モダンな訪問着におすすめ帯です!





私は老舗のきもの問屋の営業マンです。


普段は百貨店の呉服売場に出入りしています。


このブログではあなたが必要にせまられてきもの帯を購入するときに


悪質なお店に騙されて必要以上に高額な着物や帯を買わされないために掘り出し物を紹介しています。


百貨店で取り扱っている有名ブランドの振袖や留袖、訪問着が最低でも2割くらいは安く購入できます。


なかには半額以下の超掘り出し物もあるのでぜひ参考にしてくださいね!



今回の掘り出し物!



西陣の老舗「小森織物」の更紗柄の袋帯です。


更紗柄はモダンなイメージですが披露宴や華やかな場所でよく映えます。


トレンドの更紗柄の訪問着とのコーディネートも素敵ですよ。


濃い地色もいいですね!


小森織物の袋帯は百貨店で 20万円以下で購入できることはまずありません。


ネットショップならではです。


921391.jpg


921394.jpg



おすすめ付け下げ


955494.jpg



スポンサードリンク





ネットショップがおすすめな理由!

 
着物や帯はネットショップで購入するのがおすすめです。

メリット

①値段が絶対安い!

百貨店と比べると2割くらいは安いです。
ショップによって差はありますが半額以下のものもあります。

高額品ほどお得なんです。
②圧倒的に品揃えが豊富!
たくさんのショップが出店しているのでわざわざ出かけてたくさんのお店を回らなくてもたくさんの着物や帯が探せます。
※裏事情!

ネットショップは実際に着物や帯を仕入れなくてもメーカーや産地から借りて商品ページ用の画像だけあればお店が運営できるんです。

注文が入れば仕入れればいいんです。

だから何百万円もするとても考えられないような逸品も出品出来るんです。
③強引に販売されない!
実際のお店では似合わない着物をすすめられたり、購入するまで帰してもらえないような話はまだまだあるんです。

怖いですよね!

ネットショップは押し売りされることなくマイペースで探せます。

実際のお店は在庫を販売しないといけないので似合ってなくても説得話法で販売しようとするんです。

※全てのお店ではないですが・・・
④しつこい勧誘がない!
実際のお店では足袋を買っただけで何度も電話がかかってきたりします。

それだけお店の方も来店してもらうのに必死なんです。
呉服の値段はあってないようなものなんです。
悪質なお店は法外な値段で販売して儲けています。

チェーン店などの若い店長が高級外車を乗り回したりしてるんですよ!

ネットショップではメルマガで勧誘されるくらいです。。
デメリット!
ネットショップのデメリットはやはり実際の着物や帯を見たり触ったりできないところです。

ショップによっては購入前に現物を確認できるところもあるので問い合わせてみてはどうですか!

高額品を購入するのですから遠慮しなくても大丈夫です。


まとめ
 
この小森織物の袋帯を出品している京都きもの市場さんは楽天市場のなかでも老舗です。

みんなのレビューの評価も高く、着物や帯の品揃えは1番で、着物好きの間では
「欲しいものが必ず見つかる」と定評があるショップなんです。

銀座と京都に実際の店舗も運営していて問い合わせれば現物を確認できるシステムもあります。

お手入れサービス部もあるので着物初心者の方にはアフターサービスも安心です。

実際の呉服屋さんだとお手入れで来店するたびに新しいものをすすめられて購入させられるのが嫌な方は多いんです。

ネットショップではその心配はほとんどありません。

京都きもの市場さんはネットショップの中で値段だけみれば安くないですが百貨店と比べると2割くらいは安いです。

総合的にみても着物初心者や普段着物や帯に触れない方には長くお付き合いのできるおすすめのショップです。

今回紹介した袋帯は決算価格でかなりの激安出品です。

ほかのショップでは取り扱いも少なくこれだけの値段での出品はありませんでした。

商品ページやもっと画像を見たい方は下記をクリックしてショップを訪れてください!


7月8日からはお買いものマラソンがはじまるのでさらにお得です。


帯締めや帯揚げなどと絡めて賢くポイントをゲットしてください。











nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0