So-net無料ブログ作成

河合美術織物唐織振袖帯(ゴールド)値段が百貨店相場の半額!

私は老舗きもの問屋の営業マンです。


普段は百貨店の呉服売場に出入りしています。


このブログは普段着物や帯に縁のない方のためのブログです。


着物や帯は定価がなくお店によって値段はバラバラです。


そのため法外な値段で販売する悪質な店もあります。


着物の知識のない方が悪質な店にフラッと入るとまさにかもです。


振袖一式購入すると何十万円も損するかも知れません!


そんなことがないように私が楽天市場で見つけた掘り出し物を紹介しています。


ネットショップは強引な販売もないですし、自分の好きな時間に選べます。


私が紹介する着物や帯は百貨店で取り扱われているブランド物なので安心してください。


今回の掘り出し物!


唐織で有名な河合美術織物の振袖袋帯です。


imgrc0067791407.jpg


たくさんの色糸が使われているので振袖の色は問いません。


コーディネートのコツは振袖の色目が帯の柄の色の中に使われてあれば大丈夫です。


黒地ですがたくさんの金糸が使われているのでゴールドに見えますね!


百貨店の相場の値段は30万円前後なので半額以下です。


15万円くらい安く購入できるんです。


差額で振袖用の草履バックや帯締め帯揚げなどの振袖小物も購入できます。


最近はお母さんの振袖を仕立て直して成人式に着用するママ振袖も人気ですが帯は時代に合った新しいものを購入したほうがいいです。


古くさくなってしまいます。


昔の振袖はディテールに凝ったものが多いので安い帯だと振袖に負けてしまいます。


これくらい豪華な振袖帯をオススメします。


唐織は刺繍のようにふっくらとしているので帯結びをすると立体感が出て振袖姿がいっそう豪華になります。


伝統的な華紋柄なので流行に左右されません。


親から子へと受け継げる帯です。


河合美術織物とは


能装束に用いれられる唐織の技法や意匠を取り入れた

典雅な華やかさが印象的な河合美術織物の帯。

古典的でありながら決して古い印象を与えないのは

代々受け継いできた美意識を根底に捉え、時代にあわせて

少しずつ図案や配色に変化を付けてきたためです。

手織りの本格的な唐織の帯から、力織機を使用した比較的

求めやすい高品質なものまで手がけ、幅広い年齢層のファンに支持されています。

唐織とは

能装束の織りとしても知られる唐織は、光沢のある美しい緯糸を浮かせて模様を織り出したもので一見刺繍のような趣を持っています。

唐織は室町時代に中国の明から伝わった織物で中国から船に積まれたものは唐代のものにかかわらず「唐」という名前をつけてよばれることが多かったことからこの名前がついたと言われています。

西陣では室町時代に組織が解明され、織り始められました。

唐織 は江戸時代になるといっそう手の込んだ豪華なものとなり、大名夫人の打掛に引っ張りだこでした。

現代でも唐織の人気は衰えず、能装束のほか帯としても盛んに織られています。

唐織の地は三枚綾とよばれる綾織(斜文織り)が主流ですが、夏用の絽や紗もあります。
模様を織り出す色緯糸を「絵緯」といいます。

格調の高い唐織の帯には、絵緯糸に滋賀県で生産されている良質な繭から手引きしただるま糸が用いられます。

目の詰んだ織りにするために地色になる経糸を濡らしながら織り、さらに本格的になると糸の湿度を保つために「埋機」(うめばた)とよばれる土を掘ったところに設置した機で織られます。

だるま糸

唐織の絵緯糸に用いられるだるま糸は現在は滋賀県伊香郡でわずかに生産されています。

だるま糸は同じ絹でも錦糸にくらべて太く光沢があるのが特徴です。



この河合美術織物の振袖袋帯を出品しているきもの好み和遊館さんは楽天市場でも私が見る限り値段の安さは1、2です。


そのぶん売り切れの可能性も高いです。


着物や帯は洋服と違って原品限りがほとんどです。


興味のある方はお早めに!


正統派の古典柄の振袖にぴったりの河合美術織物の振袖袋帯のもっと画像や詳しく説明が知りたいあなたはショップを訪れてください!







nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。