So-net無料ブログ作成

本加賀友禅訪問着(水色)百貨店値段が相場の半額!結婚式に! [オススメの訪問着]

私は老舗きもの問屋の営業マンです。


普段は百貨店の呉服売場に出入りしています。


このブログは着物初心者のためのブログです。


この業界はまだまだ悪質な店が存在します。


着物初心者のあなたがフラッと立ち寄った呉服店が悪質だったら必要以上に高額なきものや帯を購入させられて後悔することになります。


そんなことはない!


と思うかもしれませんが


着物チェーン店などは勧誘も匠です。


あなたの心理を操って購入へと誘導していくんです。


怖いでしょ


本当なんです。


そこで


そんなことがないように私が楽天市場で見つけた掘り出し物を紹介しています。


ネットショップは押し売りもされませんし、好きな時間に選べます。


しつこい勧誘もほとんどありません。


着物初心者のあなたも安心して購入できます。


現物が見たい!


そういった場合はショップに問い合わせれば対応してくれる所が多いです。


着物や帯は高額なので当然です。


ただし


送料の負担はショップによっていろいろなので確認してくださいね。


今回の掘り出し物


imgrc0065768450.jpg


今回は着物好きなら1枚は欲しい本加賀友禅の訪問着です。


本加賀友禅はすべての工程を一人の作家さんが行うので非常に時間と手間がかかります。


生地も最高級の濱ちりめんを使います。


今回紹介する本加賀友禅の訪問着は柄もたくさん入っているワンランク上のものです。


仕立てが付いて30万円までで購入できるなんて百貨店では考えられません!


絶対にお得です。


地色もトレンド色ブルーです。


ブルーは幅広い年代の人が着用でき、端正で知的な印象をかもし出します。


以前は秋には着ない色とされていましたが今では年中着られるので入学式や卒業式はもちろん秋に親族や友人の結婚式があっても大丈夫です。


合わせる帯は!


春はシルバーやゴールドの帯を合わせて上品なコーディネートで


秋には黒の帯を合わせると凛としたエレガントで華やかな着こなしになります。





これだけの訪問着には無形文化財「五嶋紐」最高級帯締めがおすすめです。

1万円以下ではとても購入できませんよ!






加賀友禅とは



加賀友禅は京都で友禅染を創始した宮崎友禅斎が晩年、金沢に移り住み友禅染を伝承したと言われています

ほとんどが作家もので 伝産法で伝統工芸品に指定されています。
一品、一品伝統の技法で染め上げた手作りの工芸品であるため生産量が限定されています。
市場では希少価値があり注目を浴びています。


彩色は加賀五彩といわれるエンジ、藍、黄、緑、黒を基本色とし、構図は写生を基礎とした絵画調になっています。

表現技法は ぼかし、虫喰いなどの染技法を中心とした写実的な表現が多くなっています。

細かい部分までひとつひとつ表現されているのが特徴で緻密な作業が必要になるので仕上げるまでに多大な時間と手間がかかります。

京友禅のように付帯加工を施さず友禅染だけできものを完成させています。
ほとんどの場合、糸目糊にはもち米ご使用されていて輪郭線が柔らかく仕上がっています。
生地にはハマちりめんが用いられます。


確認してください!

加賀友禅は 京友禅のような豪華さや華やかさはないものの典雅で上品なきものです。
ほとんどが作家物であるため京友禅と比べると全体的にお値段も高くなります。

 
加賀友禅のような柄ゆきがお好きであれば、京加賀とよばれる似た雰囲気のきものもありますので、お店の方におたずねください。

加賀友禅は一品、一品が作家ものです。
正規のルートで仕入れたものには作家さんの色紙がついてきますので、確認することをおすすめします。

 洋服と違って着物や帯は原品限りがほとんどです。

もっと画像や詳しく説明が知りたいあなたはショップを訪れてください!












nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。