So-net無料ブログ作成
着物基本 ブログトップ
前の10件 | -

知っておきたい帯の基本!花織!きものや帯を安く買う方法! [着物基本]


知らないと損しますよ!

呉服業界は怖いんです。

悪質なお店はあなたが着物に無知 だと分かると相場以上の値段で販売したりします。

逆にあなたが少しは着物について知っているとアピールできれば一目置かれて値引き交渉に有利ですよ! 

今回登場する沖縄の織物は着物に親しんでくるとよく出てくるものばかりです。

こういうお洒落着の着物や帯はお店によって本当に値段が違います。

人間国宝の作品や普通の作家さんのものなどさまざまです。

販売している人間もよく知らない場合もあります!

通常はなかなか呉服屋さんや着物チェーンでもたくさん所有していません。

本場の沖縄に行けば別ですが!

大きな催しの企画などで実際にみることが出来るかもしれません。

 


櫛織(くしおり)



櫛でかいて複雑な織り目を表現する。



織る過程で櫛を用いて経糸をかきながら織ることから、この名がつきました。



生地の密度が織り目に合わせてさまざまに変化し、経糸がよろけて見える

独特の透け感が涼を誘います。



そのため、おもに夏の帯として人気がありますが、緯糸に多彩な糸を用いて

布のように織り上げた袷用の帯もあります。



いずれも小紋や紬に合わせます。



織成(しょくせい)



模様の輪郭が柔らかな伝統の織物です。



平織りで綴織の一種です。



綴織は模様部分だけに緯糸を織り込みますが、織成では地緯糸として、

別の細い緯糸が全幅に色緯糸と交互に入れられるため、綴織のようなはっきりとした模様が現れません。



その輪郭のあいまいさがこの織物の魅力にもなっています。



織成は奈良時代から織られている伝統の技法です。



太い絹糸を用いるため織り上がりはやや厚手似ているなります。



袋帯や名古屋帯に仕立てて色無地や小紋、紬に合わせます。


スポンサードリンク





花織



一見、刺繍のようにもみえる花織は沖縄で織られている浮き織りです。



経糸と緯糸を浮かせてさまざまな模様を織り出した、可憐で素朴な味わいが魅力です。



首里の織物のなかに手巾(ティサージ)という手ぬぐいを大きくしたような

染織品があります。



大切な人に贈るお守りのようなものですがその手巾の模様に

使われていたのが花織や絣でその技法を帯に転用したものが首里花織の帯です。



花織は沖縄では「はなうい」とよばれ地組織が浮くもの(経糸や緯糸が浮くもの)

と浮き糸を加えるもの(縫い取り)があります。



これらの技法を使って、首里花織のほか、読谷山花織、南風原花織、与那国花織などが織られています。



幾何学模様が多いわりにシャープで冷たい感じにならないのは、

おおらかな南国生まれだからでしょうか。



織りの着物に合わせて、個性的なお洒落を楽しみたい帯です。



ミンサー織


ざっくりとした織り味の木綿帯です。



沖縄の八重山諸島や本島の首里で織られるミンサーの帯は、

本来は木綿糸を地元の琉球藍や紅露(クール)などで染めた糸で織られます。



薩摩から持ちかえった木綿を栽培し、沖縄本島で棉花が

生産されるようになったのは17世紀頃です。



やがて八重山諸島でも栽培されるようになり、ミンサー織が始まったといわれます。



5つと4つの絣柄に特徴があります。

 



現在は紬帯、半幅帯、名古屋帯などが織られ、浴衣や紬、木綿の着物などに合わせます。

ミンサー織は5つと4つの絣柄を交互に組み合わせて織られるのが主流です。

これは

「いつ(5つ)の世(4つ)も末永く」との願いが込められています。

お得に買う情報!

このようなおしゃれ着用の帯ミンサーや花織などは呉服屋さんや着物チェーンで買うとかなり高値で買うことになるでしょう。

通常は店頭にあまり置かない商品だからです。

あなたが「花織の帯やきものを探しています」とお店の方に尋ねると

店頭にその商品が無い場合メーカーに連絡します。

メーカーから仕入れるのではなく借りるのです。(売れるかどうかわかりませんから)

当然メーカーも買ってもらう時より高値で貸し出します。

必然的に販売価格は高くなるのです。

呉服の値段がお店によって違うのはこういうカラクリもあるのです。

※名前のはっきりした商品はネットで調べましょう。

ネットの値段を把握した上でお店に行けば交渉に有利です。

「ネットでいくらででてた」とお店の方に告げれば無茶苦茶な値段は

提示しないはずです。参考にしてください!

おすすめ記事

着物はなぜ高いのか?

着物や帯を安く買うために知っておきたい!売り手の心理!

百貨店で着物や帯を安く買う方法!裏話です!

 

スポンサードリンク





ファッション(着物・和装) ブログランキングへ

着物初心者も着物通に安く買うために知っておきたい帯の基本!ふくれ織り! [着物基本]

 今回はオシャレ着物用の帯の名称です。

ふくれ織

表面の盛り上がりがアクセントになった二重織物です。



凹凸のある独特の仕上がりが印象的な帯です。



西陣では「ふくらし」とよばれてます。



上下の織り組織や収縮の違いを利用し部分的にくっついたところと離れたところをつくって、表面の模様部分などを盛り上げて織ったものです。



洒落袋帯や名古屋帯に仕立て小紋や紬などに合わせます。




ふくれ織りは部分的に糸を盛り上げて柄を立体的に表現する織物です。



模様の少ない帯でも織地に表情が生まれるので存在感があります、





すくい織り



すくい寄せられた糸の自然な風合いが魅力的です。



「すくい」は織りの技術の一種です。



綴織に似た技法ですが綴織よりもラフな仕上がりに特徴があります。



緯糸を通してある杼(ひ)を使って、経糸の下に置いた下絵に合わせて、経糸ーすくいながら模様を織っていきます。



節のある紬糸を使ったものは糸がすくい寄せられた部分に自然な盛り上がりがうまれ


ざっくりとした地質が好まれています。



ゴブラン織



ゴブラン織は15世紀はじめにフランスのゴブラン家が織り始めた綴織の一種でおもにタペストリーとして織られています。


西陣でもこれをひヒントに多彩な糸を用いた美しい色彩の帯が織られるようになり、



それをゴブラン織と読んでいます。



太めの糸を用いて絵画的な風合いを出します。

スポンサードリンク




斜子織



太い糸でざっくりと織った平織の一種



平織りの変化組織のひとつでたたみ織バスケット織とも呼ばれます。



経糸緯糸ともに太めの糸を用いて織るため、ざっくりとした厚地の織物になります。



表面のつぶつぶ感が魚の卵に似ていることから魚子織、経糸と緯糸を二本並べて織ることから、並子織りとも書きます。



小紋や紬に合わせるカジュアルな帯です。

実際に呉服屋さんや着物チェーンに出向いたときに

「ふくれ織りやすくいの帯をさがしてます」なんて声をかければ

着物初心者のあなたもちょっと着物通ぽくなりますよ!

まずはどんな商品かを実際に見て触って覚えてください!

※間違ってもお店の方にすすめられても買わなくてもいいんですよ!

おすすめ記事

着物の基本染と織りの違いは?着用場所は?

どこで着物や帯を買うのがお得か!和装小物は?

帯を賢く買う方法!お店を回ってセンスを養いましょう!

スポンサードリンク





着物初心者のあなたも着物通に知っておきたい帯の基本! [着物基本]

着物初心者の方が呉服屋さんや着物チェーンに足を運ぶのはかなり勇気がいります。

はっきり言って着物初心者の方が呉服屋さんや着物チェーンに一人でいくことは

ないと思いますが(どなたかと一緒でしょう)

すごくいいにくいのですが呉服には定価がありませんお店によって

同じきものや帯でもお店によって値段が違います。

仕組みをお話すると

お店によってメーカーから仕入れる値段も違いますし、

モノの値段にプラスする利益がお店によって違うからです。

少しでもきものや帯を安く買うためには着物のことをよく知り

お店をまわりある程度の値段を把握することです。

このブログで少しでもお役に立てれば幸いです。


二陪織物(ふたえおりもの)



浮き織りの地に別の糸で模様を織り出したものです。



平安時代の貴族社会で用いられた、重厚で整った縫い取り技法によるもので、二倍織物、二重織物とも書きます。



十二単の唐衣や表着の文様のを思い浮かべるとイメージしやすいと思います。



全面に亀甲や唐草、菱などの地紋を浮き織りで表現し、さらにその上に丸文や花鳥文などの上文を別の糸で感覚をあけて織り出します。



地紋がなく、緯糸だけで模様を表したものを鎌倉時代以降は唐織物と呼び、やがてこれが能装束の唐織につながっていきます。



二陪織物の帯は有職文様などに織られることが多いので、グレードは高くなります。



袋帯は留袖や訪問着にあわせて礼装に用います。

スポンサードリンク




組帯



日本の組紐の技術から生まれた格のある帯です。



織物は経糸と緯糸が90度の角度で交差しますが、組物は二本の糸が縦方向に対して、45度の角度で交差します。



組の技術は飛鳥時代に中国や朝鮮から持ち込まれましたがその後日本の組紐の技術が発展し、帯まで作るようになりました。



日本に伝わった当初、組物は仏教用具の付属品として使われ、平安時代には束帯や弓具に用いられました。



安土桃山時代になると、女性用の細い組紐の帯が大流行し、その後も羽織紐や帯締めなどの装飾品に多用されました。



細い組紐を並幅の帯に組み上げる技術は京都の伊豆蔵明彦氏が正倉院宝物を研究し、組台や組方の工夫を重ねて完成させたものです。



金糸銀糸づかいの組帯はモダンな留袖や訪問着に似合います。



紹巴(しょうは)



基本は経糸と緯糸に強い撚り糸を用いた紋織物です。



現在、紹巴とよばれる帯は名物裂の紹巴と紹巴帯の二種類があります。



中国の明代から織られた紋織物のひとつで細かい横の杉綾状や山形状の地紋が特徴です。



二重組織になっており、二色の緯糸で地の部分と模様の部分を表現します。



経糸緯糸に強く撚りをかけた糸を用いるため、織り上がりは柔らかくしなやかです。



紹巴の名前は利休の高弟の里村紹巴が愛用したことから名付けられました。



一方、紹巴帯は名物裂の上品な柄や風合いを表現しようと開発されたものです。



二種類の経糸を交互につかい一方を芯糸としてもう一方の経糸で表裏の緯糸を平織りにとじた組織です。

おすすめ記事

百貨店で着物や帯を安く買う方法!裏話です!

どこで着物や帯を買うのが安くて!お得か!

帯を賢く買う方法!お店を回ってセンスを養いましょう!


スポンサードリンク





着物の初心者のあなたも着物通になれる帯の基本! [着物基本]

 このブログは着物初心者の方が着物や帯を適正価格で買っていただきたいので始めました。

すべてのお店がそうではないのですが呉服店や着物チェーンはお客様が素人だと思うと

高値で販売するお店も実際にあるのです。

逆に着物に詳しい方は本当にお得にきものや帯を買っています。

ぜひ勉強して少しでもきものや帯を安く買っていただき、

素敵な着物ライフを過ごしてください。

今回は名前を知ってるだけでも「おっ」と思われます。

ぜひ覚えておいてください。


金華山織

ビロード織に紋織りを組み合わせて豪華な帯に仕上げたもので、ループ(輪奈)になる糸と地を織る糸の二種類を使います。



ビロード織は一本置きに細い鉄芯を入れて、経糸を浮かして織り、ループを作ります。



金華山織は繻子地のビロード織に金糸などで模様を織り出したものです。



袋帯や名古屋帯に仕立てます。

風通



表と裏で色が反転する二重織物です。

中国の明から伝わりました。

表と裏に色の違う糸を用いて表裏で糸の色が反対になるように織るため表面に色違いの模様が表れます。



明治時代以降に普及して、帯地のほか御召などの着物地にも用いられます。



名古屋帯や袋帯に仕立てお洒落着に合わせます。

金襴



中国の宋代に織り始められた金蘭は、金糸で模様を織り出した華麗な織物です。



日本では室町、安土桃山時代に名物裂として茶人に珍重されました。



明治になってジャカード機が導入されると、西陣でも盛んに織られるようになり、現在は僧侶の袈裟地や能装束のほか、丸帯や袋帯にも使われます。



おもに礼装用です。

緞子(どんす)



地厚で絹糸の光沢を最大限に引き出した美しい織物です。



ベースは繻子織りでそこに金糸銀糸を使った艶やかな模様が映えます。



中国からの舶来品は金蘭同様、名物裂として珍重され、元禄時代から国産の緞子が作られるようになり、帯地としての最盛期は明治10年から20年代です、



現在は表具地や茶入茶仕覆に使われ、帯の場合は丸帯か袋帯はで礼装になります。

スポンサードリンク




引き箔



華やかな錦織の帯に欠かせないのが金糸銀糸、箔です。



金糸銀糸は箔を芯になる糸に巻き付けて撚りをかけた糸のことです。



箔は薄く伸ばした金箔や銀箔を帯幅に合わせた薄い和紙に漆を塗って張り付け、それを一ミリ以下の幅に細く裁断したものです。



この箔を織り込む技術を「引き箔」と読んでいます。



極細の箔は西陣織や唐織などを織るときに緯糸のようにして織り込みます。



地織に箔を織り込むことで金ぴかにならずに落ち着いた金や銀の美しさが生まれます。



最近は薄いフィルムに本金箔を直接コーティングしたものを糸状にカットして、色糸と共に緯糸に持ちいる方法もあります。

同じ柄の帯でも引き箔の帯とそうでない帯では金額が全然違います。

売り手側からすると値打ちもありますし金額も高くなるので同じ柄なら

引き箔の帯をすすめます。

お客様側からすれば同じ柄なら安いほうがいいですよね!

買うときにお店の方に「これは引き箔のいい帯ですよ」

などとすすめられたら最初のうちは「引き箔じゃないのでいいです。」

などといって断ればいいと思います。

(お店の方は高いものをすすめたがるので)

覚えておいてください。

おすすめ記事

どこで着物や帯を買うのが安くて!お得か!

 着物はなぜ高いのか?

帯を賢く買う方法!お店を回ってセンスを養いましょう

スポンサードリンク





安く買うために知っておきたい帯の基本!唐織! [着物基本]

 呉服屋さんで帯を買うときによくすすめられる唐織の帯はふっくらとしていてとても上品です。

知っておくと呉服屋さんに一目置かれるかもしれませんよ!

値段交渉の際は着物通を装うと有利です。

着物に無知だと分かれば呉服屋さんは高値で販売してきます

(全てのお店ががそうではないですが)

知識はあったほうが得なのでこのブログで身に付けてください。


唐織

能装束の織りとしても知られる唐織は、光沢のある美しい緯糸を浮かせて模様を織り出したもので一見刺繍のような趣を持っています。



唐織は室町時代に中国の明から伝わった織物で中国から船に積まれたものは唐代のものにかかわらず「唐」という名前をつけてよばれることが多かったことからこの名前がついたと言われています。



西陣では室町時代に組織が解明され、織り始められました。



唐織 は江戸時代になるといっそう手の込んだ豪華なものとなり、大名夫人の打掛に引っ張りだこでした。



現代でも唐織の人気は衰えず、能装束のほか帯としても盛んに織られています。



唐織の地は三枚綾とよばれる綾織(斜文織り)が主流ですが、夏用の絽や紗もあります。


スポンサードリンク





模様を織り出す色緯糸を「絵緯」といいます。



格調の高い唐織の帯には、絵緯糸に滋賀県で生産されている良質な繭から手引きしただるま糸が用いられます。



目の詰んだ織りにするために地色になる経糸を濡らしながら織り、さらに本格的になると糸の湿度を保つために「埋機」(うめばた)とよばれる土を掘ったところに設置した機で織られます。

だるま糸



唐織の絵緯糸に用いられるだるま糸は現在は滋賀県伊香郡でわずかに生産されています。



だるま糸は同じ絹でも錦糸にくらべて太く光沢があるのが特徴です。



座繰り(繭から糸を引き出す)糸が使われ、糸を引き出す姿がだるまを連想させることから名付けられました。



帯の格


古典紋様を織り出した袋帯は、留袖や振袖、訪問着、紋付きの色無地に合わせられます。

名古屋帯は付下げや江戸小紋に古典文様の細帯はパーティーに最適です。

安く買う方法!

唐織で有名な機屋さんは河合美術織物や藤原織物、山口美術織物などがあります。

百貨店や呉服屋さんでこのような機屋さんの帯を紹介されたら

ネットで検索してみることをおすすめします!

同じものがあるかはわかりませんが半額くらいで見つかるかもしれませんよ!

おすすめ記事

着物はなぜ高いのか?

どこで着物や帯を買うのがお得か!和装小物は?

着物や帯を安く買うために知っておきたい!売り手の心理


スポンサードリンク





安く買うために知っておきたい帯の基本!夏の帯! [着物基本]

着物や帯を呉服屋さんや着物チェーンで買うときに知っておくとちょっとだけお得な情報です。

今回は洒落帯です。






節のある紬糸で織った暖かな風合いがあります。

着物地のほか帯地としても用いられる紬は、紬糸を用いた絹織物です。

着物地の紬は薄手のものが主流ですが、織り柄で模様を表す紬帯は、厚手でざっくりとした風合いが特徴です。

紬の帯に用いられる糸は主に真綿から手紡ぎしたものなので、太さが均一ではなく、ときには節のある糸になります。

ざっくりとした紬の帯は基本的に秋冬、春向きです。




透けた絽目と平織りで構成されます。

絽は夏の着物や帯、小物の代表的な素材で、レース状の透けた絽目が涼感を誘います。

レース状の組織はからみ織りのひとつでその布は「薄物」とよばれ紗や羅も同じ仲間です。

絽は紗をアレンジしたもので、変化をつけるためにからみ織りの間に平織りをいれたものです。

平織りを構成する糸の本数は必ず奇数で、
その数により「三本絽」「五本絽」「七本絽」などあります。

そして平織りの部分に地紋を表したのが「紋絽」糸の太さを変えたのが「絽綴」
多色の糸をいれたのが「絽唐織」です。

経絽

経糸の方向に絽目を表したものです。

経糸本数を平織りにし次の二本の経糸を互いにからみ合わせ、経糸の方向に隙間を作っていきます。

一般的な緯絽は絽目が緯糸の方向に表れます。

着尺地、帯地、袴地などに使われます。

スポンサードリンク






緯糸に色糸を用いた華やかな帯です。


平安貴族の盛夏の装束として用いられた紗は、最も暑い季節に締める帯です。

美しく透ける紗織りは見た目が涼しげなだけではなく、華やぎが感じられます。

紗は中国では漢代にはすでに織られていました。

紗はからみ織りの一種で緯糸が一本通るごとに一組二本の経糸が機(はた)の足踏み操作で捩られて隙間を作り出します。

織り帯のほかに染め帯もあり、染め帯には一般的に地模様の少ない「素紗」を使いますが、織り帯は模様を織り出した「紋紗」
が主流になっています。




菱形などの網目状の織り柄が特徴です。

薄物のなかでも、もっとも織り目が粗く
涼しげな印象を受ける羅は主に夏の帯地に用いられます。

羅は紗よりも古くから織られている織物で、中国では秦の時代に日本でも奈良時代から各地で織られていました。

すぐれた技術で織られた羅は応仁の乱の後
衰退し、完全に復元されたのは昭和になってからです。

太撚りの糸を用い、紗が経糸を二本使うのに対して羅は四本です。

経糸を自在に動かせる装置を備えた機で織ります。

平行に並んだ経糸が交互に隣の糸とからみあって緯糸に支えられ独特の織り目を作ります。

呉服屋さんや着物チェーンなどでも夏の着物や帯は取り扱いが少ないのが実情です。

原因は夏の着物の需要が少ないからです。

百貨店などの大きな催しなどで探すのが一番だと思いますよ!

時期は4月から5月ごろですね!

小さな呉服屋さんでは夏物を扱わないところもあるくらいです。

売れ残ると次の年まで売れないからです。

スポンサードリンク




おすすめ記事

着物はなぜ高いのか?

どこで着物や帯を買うのがお得か!和装小物は?

着物の基本染と織りの違いは?着用場所は?


安く買うために知っておきたい帯の基本!綴織!博多織! [着物基本]


呉服屋さんや着物チェーンで着物や帯を買うときは着物通を装いましょう。

販売員さんに素人と思われると、ものの価値以上の値段で買わされるかも?

呉服業界は怖い世界なのです!

このブログでは呉服屋さんや着物チェーンで着物や帯を買うときに損しないためのちょっとした情報をお伝えします。



綴織

綴織は模様を織り出す技法としては最も古いものです。

世界各地に見られエジプトではコプト人によって精密な綴織(コプト織り)が、

中国では剋糸(中国の綴織)が、ヨーロッパではゴブラン織りがあります。


綴織は経糸のしたに織りしたに絵を置き
そのした絵に沿って、模様を表す緯糸を折り返すように織ります。

このため模様の境い目の部分に「把釣孔」(はつりこう)とよばれる隙間ができます。

緯糸で経糸を包み込むように織るので、仕上った帯には経糸は全く見えません。

爪綴

ノコギリ型の溝を作った爪で緯糸を手前に掻き寄せながら織る本綴は爪綴とよばれる高級品です。

帯の格

金糸銀糸が使われた袋帯は留袖 や訪問着にあわせて礼装に

金糸銀糸が使われた名古屋帯は、付下げや 色無地にあわせて略礼装に

金糸銀糸が使われていない名古屋帯は気軽な付下げや 小紋にあわせられます。

博多織





縞や格子、独特の独鈷花皿模様(どっこはなざらもよう)が印象的な博多織り博多織りは、粋な着物姿には欠かせません!


くっきりと浮き出た模様は中国から伝わった浮き織りの技術をもとにしています。

今日の博多織りは16世紀後半に博多の組紐商が考案したものです。

博多織はまたの名を「博多献上」や単に「献上」ともよばれます。

これは江戸時代になって毎年3月に帯地、10月に裃が将軍に献上されたからです。


博多織はほかの産地のものに比べて緯糸が太く、経糸が密に織られています。


経糸に6000本から7000本もの絹糸を用いて、太い緯糸を強く打ち込んで織るため、織り上がった帯には横に畝が見えます。


ほかの織り帯が緯糸で模様を織り出すのに対して、博多織は経糸で模様を表現しています。

独鈷柄

密教の仏具の一種で煩悩を打ち砕くのに用いられる独鈷を転がしたときにできる模様を図案化したもの。


独鈷の連続模様を一本だけいれたものが「一本独鈷」

紗献上

紗織りの博多織のことで夏の洒落着や浴衣に最適です!


博多織は張りのある堅い厚地の帯なので名古屋帯や半幅帯に織られます。

きつく締めたときや大きく息をしたときに強く打ち込んだ緯糸がきゅっと鳴るのも博多織ならでわです。

 結びやすく着くずれしない帯として定評があります。

帯の格

小紋や紬などのお洒落着、江戸小紋や単衣の紬にも

どちらかと言うと春や秋向きです。

半幅帯は浴衣や普段着に 

スポンサードリンク




おすすめ記事

帯を賢く買う方法!お店を回ってセンスを養いましょう!

百貨店で着物や帯を安く買う方法!裏話です!

着物や帯を安く買うために知っておきたい!売り手の心理!


お得に帯を買うために知っておきたい帯の基本!手機!経錦! [着物基本]

袋帯や着物を買うのにちょっとお得な情報をお教えします。

着物初心者のかたもこのブログを読んで着物通を装えば値段交渉が有利に運ぶかも!





刺繍帯

刺繍は贅沢なものという印象が強いのですが必ずしも豪華なものばかりではありません。

ポイント刺繍や季節の風物をささやかにあしらった帯は、気軽に締められ、

それでいて華やいだ気分になります。

季節感を楽しめるだけでなく絹糸で縫いとったつややかなぬくもりが、刺繍帯の魅力といえます。

日本刺繍の歴史は、中国からの仏教伝来と共に始まりました。


当時の技法は駒縫い、平縫い、返し縫い、相良縫い、まつり縫いなど100種類ほどあり、今もほとんど変わっていません。


刺繍帯は刺繍だけで構成されたものの他に友禅染めや絞りと組み合わせるなどさまざまな楽しみ方があります。



錦織

錦織は金銀糸で美しい模様を織り出した紋織物の総称です。

主に京都西陣で生産されてますがその起源は中国です。


当時の錦織は経錦が主流でしたが唐代には緯錦(ぬきにしき)の技法が考案され多くの色糸を使って模様が織り出せるようになりました。

錦の帯のことを「西陣織」とよぶのもこうした伝統によるものです。

織機の形態は、明治期のジャカード機の導入によって大きく変わりました。

それまで人の手で行っていた、経糸を持ち上げる指令を発するのは模様に応じて穴をあけた紋紙とよばれるものでした。


しかし現在は、手織りでも自動織機でも、紋紙の代わりにデータが主流になっています。

スポンサードリンク




手織(てばた)

高級な帯や自動織機で織れない複雑な模様のものは手織(ジャカード)を用いる

経錦

経糸によって地の模様が織り出されているもの。

西陣織のなかでももっとも歴史が古い。

三色の配合の場合は三色三本の経糸を一組としてこれが交互に表裏に浮沈交替して

模様を織り出していく。


色数が多くなれば、それだけ経糸の数もます。

緯錦(ぬきにしき)

色緯糸で模様を表した西陣織。

単色の経糸に何本もの色緯糸を通しながら
織り進んで模様を表す。


経錦に比べて色数も自由にえらべ大きな模様もおりだせる

おすすめ記事

着物や帯を安く買うために知っておきたい!売り手の心理!

帯を賢く買う方法!お店を回ってセンスを養いましょう!

着物はなぜ高いのか?

スポンサードリンク





安く買うために知っておきたい帯の基本!染め帯!織りの帯! [着物基本]


百貨店や呉服屋さんで着物や帯を買うときに知識がないと損する場合があります。

百貨店の場合は知識がなければ親切に対応してくれますが呉服屋さんや着物チェーンでは「かも」にされる可能性があります。

それはなぜか?

百貨店の商品には値札がついていますので
どのお客様にも同じ値段で販売します。
(多少の値引きはあります。)


呉服屋さんや着物チェーンは値札がついてない場合が多いので着物や帯に関して素人だと思われると、高い値段で買わされる可能性があるんです。

怖い業界でしょう!

ですから深く知る必要はありませんが浅く知っておいて会話の端々に知識を挟んで行けば警戒されて無茶苦茶なことはしないはずです。

呉服屋さんや着物チェーンの販売員さんにとってお客様は獲物です。

少しの知識を持つだけでも全然違いますので、ぜひこのブログで覚えてください。

スポンサードリンク






帯の技法!

染め

白生地に地色や模様を染めた帯を、染め帯と言います。

主に紬や小紋の着物に合わせるおしゃれようです。

着物の場合は染めの着物が礼装用、織りの着物がおしゃれ用ですが、

帯の場合は基本的に逆になります。

染め帯は名古屋帯が主流ですが中には
格調のある袋帯もあります。


織り

一般的に礼装や準礼装に用いられます。
錦織、唐織、綴織など、金銀糸や色糸で有職模様や正倉院模様、名物きれ模様などを織り出したものが礼装用です。


模様は同じでも名古屋帯では準礼装となります。

袋帯は二重太鼓ですが名古屋帯は一重太鼓となるからです。


織りの帯の中でも紬やすくいの帯は礼装には使えず小紋や紬に合わせます。

染め帯

白生地に友禅染めや型染め、絞り染め、蝋纈染めなどを施したものを染め帯と言います。


カジュアルなものから華やかなものまで
多種多様で、季節感や遊び心にあふれたものは小紋や紬に合わせる洒落帯に、

金彩づかいなどの豪華なものは準礼装にも使えます。


染め帯に用いる白生地は、縮緬や綸子、紬、麻などの着物地と同じ素材を使うので、仕上がりは柔らかく優しい雰囲気になります。


そこに描かれる模様も季節感のあるものが多いので、季節に合わせて素材や柄を変えるのも染め帯ならではの楽しみです!

黒地におしどり模様羽田登喜男作縮緬染名古屋帯未使用品


おすすめ記事

帯を賢く買う方法!お店を回ってセンスを養いましょう!

着物や帯を安く買うために知っておきたい!売り手の心理

着物はなぜ高いのか?

スポンサードリンク








帯の基本!帯の技法がわかる!錦織!佐賀錦! [着物基本]

私は普段老舗のきもの問屋の営業として百貨店に出入りしています

 

このブログはきもの初心者の方が

着物を買うときに悪質な呉服店や大手のきものチェーン店の

勧誘によって高額な着物や帯を買わされないために

知っておきたい知識をお教えします。

そうすることで

きものや帯を賢く!安く!上手に買うことができるようになります。

呉服屋さんや大手のきものチェーンで着物や帯を買うときにはある程度の知識が必要です!

なぜかというとお店の方はお客さんであるあなたがどれくらい着物について知っているかで

着物の値段が変わる場合があるのです。

着物や帯の値段に定価はありません!

はっきりいって言い値に近いものです。百貨店では値札がついていますが

知っているのと知らないでは大きな金額が変わってきます。

ぜひこのブログを読んで余計なお金を使わないようにしましょう。

錦織

華やかさや豪華さの代名詞として、使われている錦織ですが、金糸銀糸、多彩な色糸などを使って模様を織り出した紋織物の総称です。

そういう意味では佐賀錦や唐織、綴織りなども錦織の仲間です。

起源は中国で紀元前五世紀にはすでに織られていました。

日本ではおもに京都西陣で生産されています。


もともと、錦織は経糸で模様を織りだす経錦でしたが、唐代に緯糸で模様を表現する技法(緯錦)が生まれました。

以来多くの色糸を使って美しい模様が表現できるようになりました。

日本でも奈良時代以降は緯錦が織られています。

なお佐賀錦や唐織、綴織も緯錦で模様を表現します。



織機の形態は明治初期にフランスからジャカード機が導入されて以来大きく変わりました。

それまでは空引機(そらびきばた)という原始的な織機を使って、経糸を持ち上げる指示を人の手で行っていたのに対し、ジャカード機では穴を開けたパンチカード(紋紙)を使って経糸に指示を送ります。


さらに現代は手織り、自動織機に関係なく、紋紙の変わりにデータフロッピーを用いるのが主流になっています

帯の格


金銀糸使いの伝統文様の袋帯は、留袖や振袖、色無地紋付きに。

現代的でモダンな模様や金銀糸の少ない帯は、略礼装に。

名古屋帯は江戸小紋や一つ紋付きの色無地、伝統文様の小紋に。

スポンサードリンク





佐賀錦



※15日迄!【本綾佐賀錦袋帯】【岡野武一郎】特選博多織袋帯「波涛霞松文」(仕・新古品)≪稀少逸品…麗しの美匠。≫

錦織や唐織と異なり、佐賀錦は日本で生まれました。

江戸時代に佐賀島支藩鍋島家中で織られたので、かつては鹿島錦と呼ばれました。

代々の鍋島家の夫人たちが工夫を重ねて完成させたもので、明治、大正期に東京山の手の上流階級の女性たちのあいだで大流行した裂地です。

最大の特徴は経糸に金銀の箔糸を使い、緯糸には金銀糸、色糸など多彩な絹糸を用いることです。

錦織と同様に、文様は緯糸で表しますが、経糸に箔を使っているせいか美しいが輝きのなかに文様が浮かび上がり、華やかさのなかにもしっとりとした趣が感じられます。

当初、鹿島錦の名前がついていたこの裂地は、明治43年(1910)に日英大博覧会に出品され、それを機に佐賀錦の呼称がつきました。

京都西陣が佐賀錦を帯地として開発したのもこの頃です。

手工芸品として発達した佐賀錦は、現在も佐賀県を中心に袋物や草履用として織られておりこちらは小さな木製の組台が使われます。

西陣で帯地として織る場合は、錦織と同じようにジャカード機を用います。

帯の格

箔使いの豪華な帯なので、格調高い文様は黒留袖や色留袖の正装に。

振袖用の華やかな帯は変わり結びで各種式典に。

おすすめ記事!

着物はなぜ高いのか?

どこで着物や帯を買うのがお得か!和装小物は

着物の基本染と織りの違いは?着用場所は?

スポンサードリンク





前の10件 | - 着物基本 ブログトップ