So-net無料ブログ作成
検索選択
訪問着の買い方 ブログトップ

知っておきたい訪問着の値段!価格の相場!失敗しない賢い選び方! [訪問着の買い方]






私は普段老舗のきもの問屋の営業として百貨店の呉服売場に出入りしています。

このブログはきもの初心者の方や

普段着物や帯に触れない方が

いざ

着物や帯を買う時に

悪質な呉服店やきものチェーン店の

巧みな勧誘や強引な販売で必要以上に高額なきものや帯を買わされないために知っておけば得する情報を教えます。

 きものの価格って分かりにくいですよね!

今回は百貨店でもよく販売される訪問着についてお話します。 

訪問着はお宮参りや七五三、入園、入学、卒業式や披露宴など幅広く着用できるので一枚はお持ちいただく事をおすすめします



よくお客様からどれくらいの金額のものを買えばよいかと質問を受けます。


着物には、ほとんど定価がなくて販売するお店の言い値になっています。


同じ訪問着でもお店によっては値段が全然違う場合はよくあります。

悪質なお店では、百万円の着物が20万円になりますなどともちかけるお店もありますが、信用してはいけません。


いくら着物が高いといっても百万円もするものは作家ものか有名な染屋さんのものなので店員さんに尋ねればわかります。


注意していただきたいことがあります。

チェーン店などの販売員さんは物の値打ちがわからず法外な価格を信じこんでいる場合があります。

なので嘘をついているように思えません。


やっかいです!



訪問着の選び方!


  ①基本的に柄がしっかりと入っている物を選ぶ


着物の値段は手間と技術とブランドで決まることが多いので、作家ものか有名な染の物でない限りはつけ下げのような柄で、高額のものはまずありません。


  ②プリントの染めではなく手で色を挿している。


お店の方にこれはプリントですか?と確認すれば、ちゃんとしたお店であれば誰か分かる方が答えてくれます。


この2点をふまえて百貨店で買う場合は30万円前後、呉服屋さんで買う場合は20万円くらいが一般的な訪問着の値段ではないでしょうか!


ただし、チェーン店や呉服屋さんの場合は一概には言えません。


ひとつの判断材料です。

久保耕というメーカーの訪問着が仕立て付きで20万円前後で、服部織物の帯が10万円前後であればかなり良心的なお店だといます


久保耕、服部織物とも商品によって値段のランクがあるので、全てではありません。

最後に!

訪問着に限らずきものを購入する場合は、一度の来店では決めてはいけません。

お店の方はあなたの心理を誘導して、あの手この手でその日に購入するようにすすめますが、絶対にダメです。

着物の初心者の方は百貨店で2から3回下見をすることをおすすめします。

百貨店は強引な販売をしませんから比較的安心ですよ!

着物を合わせる場合、販売員さんは、お客様をみてコーディネートしますが、帯を合わせる場合は着物にあわせますので、センスが要求されます。

販売員さんもプロですから間違った、合わせ方はしません。

でもセンスの善し悪しはあるので下見することによって、センスも養われていきます。

間違ってもチェーン店にいきなり来店したりしないでくださいね!

囲まれて着物を買うまで返してもらえなかったなどという声をよく聞きますので!

スポンサードリンク







今日の掘り出し物!

百貨店でもおなじみ

手挿しにこだわる京友禅の有名染色メーカー久保耕の訪問着です。

このクラスの久保耕の訪問着は百貨店ではお仕立て付きで38万円以上で

出品されています。

訪問着の購入を考えてる方にはモノの値打ち価格ともおすすめです。

※画像をクリックすると大きくなります

929361.jpg

929361up5.jpg

929361up1.jpg

929361up2.jpg

929361up3.jpg

929361up4.jpg

ショップ商品説明

◆最適な着用時期 10月~5月(袷の季節に)

◆店長おすすめ着用年齢 ご着用年齢は問いません。

◆着用シーン ご結婚式、パーティー、式典、結納など。

◆あわせる帯 格のある袋帯
京の名匠・久保耕より…。

 気品に満ちた京友禅の雅やかなる世界を込めた、

はんなり淡色の逸品をご紹介いたします。
品良く女性らしいムード、しとやかにかおる気品の世界。

 代々に渡り長くお召しいただける、

 純・古典の華やぎを染め上げたまさに正統派の一枚。
京の友禅染の世界に、いつの時代も“よきもの”を創造してきた名匠・久保耕。

 名門にして老舗の伝統をしっかりと受け継ぐ染め職人が、一筆一筆、

お召になる方のことを想い、丹精をこめて染め描いた作品です。
トロッと水を含んだかのような丹後ちりめんの紋意匠地。

 一面に紗綾形と菊花の模様を浮かべたしなやかな絹地を、

 淡く爽やかなかすみ色(藤色がかった淡いグレー)を基調に染め込んで。
その地に染められた意匠は、多彩な雲を重ねた「雲取雪輪花文」の意匠。

 上前にはそっと金駒刺繍を施し、全体にはんなりとした優しい色合いで表現した、
透明感のある美しい一枚でございます。
美しい着物姿に、さすがは名門のお品と感嘆の声を揚げてしまうほどに…。

さりげないようでいて、その仕上がりは他とは一線を画するもの。

しとやかな気品にかおる、確かなものづくりの姿勢をご覧いただきたく存じます。

正統派の一枚は、是非ともお持ちいただきたいものです。

 長く様々なお席にとお考えの方にも、自信をもっておすすめいたします。

どうぞ華やかに本格古典の装いを、ご堪能くださいませ。
お仕立て料金はこちら

解手のし4,320円+※胴裏4,860円~+海外手縫い仕立て27,000円(全て税込)

※国内手縫い仕立て+20,000円(税込)

おすすめ理由

こちらの訪問着を出品している京都きもの市場さんは京都と銀座でリアルな店舗を運営している、楽天市場でも老舗のショップなので高額なきものや帯も安心して購入できます。

また問い合わせれば現物を店舗で確認できますし、店舗へ直接いけない方へも対応してもらえるそうです。

※詳しくは直接ショップへ確認してください。

レビューではほかのショップと比べて高いとありますがこの商品に関して言えばかなりお買い得です。

私が自信をもっておすすめします!



興味のあるかたは下記をクリックしてショップを訪れてください

     ↓  ↓  ↓  ↓






おすすめ記事!

着物はなぜ高いのか?

着物の基本染と織りの違いは?着用場所は?

どこで着物や帯を買うのがお得か!和装小物は?

スポンサードリンク





訪問着の買い方 ブログトップ