So-net無料ブログ作成

きもの初心者が損しないために!百貨店で着物や帯を安く買う方法! [百貨店で買う]

知らないと損しますよ!


私は老舗の着物問屋の営業マンです。

普段は百貨店の呉服売り場に出入りしています。

このブログでは着物初心者の方や普段着物に触れない方が賢く、上手に、安くきものや帯を買う方法を伝えていきます。

今回は百貨店のきものや帯の価格についてです。

百貨店で売られている着物は高い?

私達問屋がメーカーさんから仕入れた着物を百貨店で販売するためにはたくさんの経費が必要す。

お客様にご来店いただくための新聞広告やDM代金、

販売員さんの人件費、百貨店に支払うロイヤリティなどです。

そこに問屋の利益が加算されて着物や帯の値段が決定します。

実際は簡単な公式みたいなものがあります。

また、

百貨店できものや帯を販売するためにはたくさんの商品が必要になります。

一週間の催しで振袖を10枚販売しようと思うと、最低でも100枚の振袖が品揃えとして必要になるんです。

それくらいの品揃えがないとお客様は満足してもらえません。

高額商品を買うのですから

そのほかに振袖に合わせる振袖用の帯が50本、

振袖用の長襦袢が20本

それだけのきものや帯を仕入れるリスクが発生します。

そういった費用も加算された金額がきものや帯、和装小物の販売価格となります。

こういったわけで、

洋服のように大量生産できないきものは

ただでさえ高額なのにさらに高額になるんです。




 
百貨店の着物は高くないんです!

みなさんは驚きかもしれませんが百貨店で売られている着物は高くありません!

じつは適正価格なんです。

百貨店の呉服売り場には3社から5社のメーカーや問屋が取引しています

和装小物はのぞく

それぞれの問屋、メーカーが競争しながら着物や帯の価格を決定していますので

自然と適正価格になっていくのです。

呉服屋さんや着物チェーン店では

よく50%引きや70%引

してもらった話をききますが

だいたいお客様にお話を聞くと

値引きしたあとの価格が百貨店で販売されている価格です。

嘘っぽいですがこれ本当の話です!

催し場で販売されている目玉品などは

仕入れ価格が販売価格のような見切り品

がたくさん出品されています。

きもの初心者の方は百貨店の目玉品に注目です!


百貨店の販売員さんに教えてもらいましょう!


百貨店の販売員さんは経験豊富で知識のある方がたくさんいます。

着物初心者の方は遠慮せずどんどん質問してください。

百貨店はクレームに対してひどく敏感なので強引な販売もしません。

きもの初心者の方でも安心して来店できます。
 

問屋、メーカーさんの営業さんの出入りも多いですし、

ご自身の作品の展示会であれば作家さんも来場されます。

タイミングがよければ作家さんから専門的な話を聞くことができるかもしれません。

作家さんに直接販売していただくこともあります。

(まれに人間国宝の方もいらっしゃいます。)

※呉服屋さんや着物チェーンでも作家さんは来店されますが結構強引な販売かもしれません。

百貨店は規制が厳しいので強引な販売はしません。

(安心して話を聞けます)



実際
わたしもよく販売応援で呉服売り場にうかがいます。
何も買わずに話だけきいて(勉強して)帰って行かれる方はよくいらっしゃいます。
百貨店は品揃えも豊富ですし価格なども参考になりますので
是非来店して着物や帯をみる目を養ってください。

着物や帯を安く買うための一番の近道です!

怖い思いもしませんので着物が好きになりますよ!



おすすめ記事はこちら

百貨店で着物や帯を安く買う方法!値引きはできるか?

百貨店で着物や帯をや安く買う方法!裏話です!

着物や帯を安く買うために知っておきたい!売り手の心理!



スポンサードリンク











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0