So-net無料ブログ作成

着物初心者の知っておきたい織りの着物!牛首紬、能登上布 [着物基本]




 今回はおしゃれきものを紹介します。

知っておいて損はないので覚えておいてください。

牛首紬(石川)

 

日本三霊山の白山の麓、白峰地方で織られている絹織物です。

牛首村(現在の白山市白峰)で織りだされたためにこの名があります。


牛首村は古くから養蚕、手織り紬の盛んなところで、平安時代末期から始まったとされますが、この牛首紬が商品化されたのは、江戸、元禄年間です


日本有数の豪雪地帯であるこの地方では、もともと織物は農閑期の復業だったために、生産量は少なかったようですが、最盛期の大正末期には、年間に7000反以上もつくられたといいます。


【本場牛首紬×前田仁仙】本場牛首紬染袋帯(全通)「鎧縅更紗文様」【通の更紗愛好家へ。極上しゃれ袋】




その頃、生地が釘にひっかかっても破れないばかりか、むしろ釘を引き抜くほど強いといわれ、丈夫な牛首紬は(釘抜紬)の名前で売られていました。



 




牛首紬は、2匹の蚕がひとつの繭をつくった「玉繭」から直接手で糸を引き上げます。


この繭からは、2本糸が取り出せ、太くてしっかりとした玉糸ができます。


糸を染めてから織る先染めの織物と共に、近年は染め下地に用いる白生地も織られています。


牛首紬の白生地は、主に京都に運ばれ、染め加工が施されます。


昭和になると生産量が次第に減少し、昭和30年代には絶える寸前までいきました。

しかし牛首紬の主力が白紬だったことが幸いして、牛首紬に加賀友禅を染める試みが評判を呼び息をふきかえしたのです。



スポンサードリンク





夏牛首

玉繭を使うため、牛首紬は生産量が少ないんです。


そのなかでもさらに、希少なのが夏向きに作られている夏牛首です。


やはり玉繭から細い糸を引き出し手織りされます。


なめらな風合いと、蝉の羽根のような透け感があります


平成6年に商品化されました。



能登上布(石川)




石川県鹿島郡中能登町を中心に生産されている平織りの麻織物です。

さらっとした感触が魅力です。 


この地方では、古墳時代に野生の苧麻で糸をつくり布を織っていたといわれています。


「日本書記」の中にも、当時麻を栽培していたことがわかる記述がみられます。


能登で本格的に麻織物の生産始まり、能登時代と呼ばれるようになったのは明治末期で、昭和35年には、県の無形文化財に指定されています。


糸はかつては苧麻や大麻などの手績み糸を用いていましたが、現在は主にラミー系が使われています。


絣技法は「櫛押し捺染め」や「板締め」などの技術と手間のいる伝統的なものです。


櫛押し捺染は、約1200本の糸を幅20センチの枠に整然と並べ、その上から染料をつけた櫛形の板を押しつけて絣糸を染める方法です。


模様の多くは蚊絣と呼ばれる細かい十字絣で構成されています。


主に経緯絣で男物の白絣、紺絣のほか、女性用の色物もあります。

お得な買い方

オシャレ着物は百貨店などではなかなか出ませんし呉服屋さんでも常時、店頭には種類がありません。


百貨店では定期的にメーカー主催の店外催事があります。

販売員さんに欲しい着物を伝えておけば揃えてくれる可能性が高いです。

メーカーも期間の短く集客力の高い店外催事には商品を出品しやすくなります。

百貨店ですと気に入らなければ買わなくても大丈夫ですが、呉服屋さんや着物チェーンでは買わないと帰れないかもしれませんよ!

また夏の着物はシーズンの終わりになれば思い切って値引きしてもらえるので7月ごろが狙い目です。

但し、仕立てに時間がかかればその年は着れないかもしれません。

着物は高額ですから賢く少しでも安く買ってください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

おすすめ記事!

着物はなぜ高いのか?

着物の基本染と織りの違いは?着用場所は?

どこで着物や帯を買うのがお得か!和装小物は?

 

スポンサードリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0