So-net無料ブログ作成

百貨店で留袖を買う場合の値段の相場は?レンタルは得か? [着物基本]

悩む前に読んでください

予算が留袖一式30万円ならレンタルしたほうがいいです。

 わたしは老舗呉服問屋の営業マンです。

普段は百貨店の呉服売場に出入りしています。

年々、留袖を百貨店で購入する方は減ってきているのが現状です。

その一番の理由はやはりレンタルの普及です。

購入するより安価で手間もかかりません。 

下記はネットレンタルででよく見られる桂由美の黒留袖です。

ちなみに

百貨店では桂由美の黒留袖はお仕立て付きで20万円以上で販売されています。

華やかでモダンなので百貨店でも人気があります。  

imgrc0066226489.jpg 


昔とくらべると、品揃えも豊富ですしサービスも充実しています。

レンタル価格をみていても信じられない価格で提供されています。

ネットレンタルが安い理由

従来のレンタルショップは店舗に来店したお客様に商品を見ていただく必要がありました。

現在はネットが普及し、着物や帯をネットでレンタルしたり、買うことに抵抗がなくなりつつあります。

ネットレンタルショップの場合は商品をメーカーから借り、写真撮影したり画像データを利用し商品ページを作成します。

実際に商品を仕入れなくてもお客さまから受注することができるので、仕入れのリスクが軽減されます。

お客さまが店舗に来店しないので少人数人員で運営できます。

その結果件費が安く抑えられます。 

そのため、留袖などのレンタル価格がおさえられます。

また

新しい留袖や訪問着をレンタルとしてお客さんに提供できるのです。

メーカーもレンタル用の着物を制作してるほどです。

とは言いつつも

私は問屋の営業マンなので着物や帯を買っていただかないといけません

困っています。

留袖の価格の相場は?

百貨店で販売されてる一般的な留袖の値段の相場は30万円前後です。

よく、百貨店で留袖一式(留袖、帯、長襦袢、草履バッグ、着付け小物)で30万円くらいでさがされる方がいらっしゃいます。

でもその予算ではなかなか難しいです。

着物は仕立て代がかかります。

留袖は仕立て代金が一番高いんです。 

百貨店だと留袖、長襦袢、帯の仕立て代金だけで10万円を越えてしまいます。

一式で30万円くらいになると着物や帯の内容はかなりおちてしまうんです。


あくまで個人的な意見です。

予算が30万円で留袖一式購入するなら10万円位で留袖一式をレンタルにされた方が良いと思います。

着用後のお手入れや収納なども心配いりませんし手間がかかりません!

留袖レンタルの注意点

購入するならあなたのサイズにぴったり合うよう仕立てします。

でもレンタルの場合サイズの妥協は必要です。

また

重要なことですが紋はだいたい一般的な五三桐です。

家系の紋に対応してもらえるところもあるようですが当然別料金です。

気にしなければ問題ないですが留袖の紋が五三の桐 ならレンタルだとバレバレです。

あなたが百貨店で購入しようとお考えならば50万円くらいの予算設定が必要です。

(留袖、袋帯、長襦袢、草履バッグ、小物一式。全てお仕立て付き)

※着物に詳しい方とご一緒しないと、ものの値打ち以上の法外な価格で買わされる場合があることも想定してください!

まとめ

留袖をレンタルする場合と買う場合の一番の違いはサイズと紋です。

購入する場合はお体に合わせて細かく採寸し仕立ててくれます。紋もご要望通りです。

レンタルはご自身に合うサイズの留袖を探す必要があります。

紋は基本的に五三の桐です。

レンタルの場合は10万円くらいまでで一式借りれます。

留袖以外の帯や小物はお任せのお店が多いです。 

レンタルは着用後の手間もかかりません。

百貨店で留袖一式を購入しようとお考えであれば50万円くらいのご予算をお考えください。

呉服屋さんや着物チェーンで購入される場合は百貨店で下見をしてください。

値段の感覚を養われるか着物に詳しい方と一緒に来店されることをおすすめします!

ひどい店になると同じような留袖が百貨店の倍くらいの価格がついてる場合があります。

最終的には大幅に値引きをしますと百貨店の販売価格くらいになるのです。

(呉服の販売は値引き前提なのです)

お子さんが2人以上などの場合は最低2回着用することになるので、そういったことも含めてレンタルされるか購入されるかをご検討ください。

おすすめ留袖用帯締めセット

百貨店の目玉で1万円以上で販売されてるのでかなりお買い得ですよ! 




 

 レンタルよりオススメの黒留袖

超破格の値段で加賀友禅の留袖が買えます。


 imgrc0063385225.jpg

imgrc0063385229.jpg 

 

 

198000円にお仕立て代(解き湯のし・五つ紋入れ・正絹胴裏・正絹八掛け・正絹比翼)が含まれているんです。

はっきり言って百貨店ではありえない価格です。

お仕立て代だけで10万円しますし、百貨店で198000円の留袖といったら

柄も古くおすすめできるようなものではありません!

ショップ商品説明

本加賀友禅作家「中野星峰」作、浜ちりめんの最高級黒留袖をご紹介致します。

こちらのお品には、黒色で、お着物と同じ布の八掛け(共八掛け)が付いております。

シボのたった上質な浜ちりめんの生地は、美しい黒色でございます。

紫鼠色や青鼠色のお色目でぼかし染めがされており、そこには、オフホワイト・濃い梅紫色・ピンク色系・青紫色・鶯色・緑色系・山吹色・紫色・抹茶色・みかん色・鼠色・茶色系などの色とりどりの色彩で、松や桜、菊、水仙、沢瀉などの花模様や鴛鴦(おしどり)が繊細かつ丁寧に染められております。

加賀の色彩の絶妙な染め色は、言いようがないほど素晴らしいものでございます。

加賀友禅作家の作品を、実際にお手に取っていただいてその素晴らしさをお確かめいただきたく存じます。

加賀友禅の特徴は、自然や古典をモチーフとした絵画調の文様でございます。

配色は、古典の色調を伝承し、概して多彩で加賀五彩を基調としております。

いくつもの技法を駆使し、自然美を巧みに描き出します。
そして、加飾(金加工など)や他の技法との混合が少ないのも特徴です。

加賀友禅は、完成までに相当の時間を費やすため、その希少価値が高く評価され続けている逸品です。

加飾の少ないことから、帯合わせのしやすいお着物でございますので、帯で様々に表情を変えてお召し頂きたく存じます。

浜ちりめんのシボは、色に深みをもたせるので、落ち着いた味わいや高級感のある着物に仕立て上がります。


年齢を問わず、上品なものを指向される方に好まれ、とっておきの日のためのお着物として、浜ちりめんのお着物をお持ちの方が多いようです。

着物収納には欠かせません

桐たんすは必要ないので収納スペースが少なくてすみます。 





 

おすすめ記事!

着物はなぜ高いのか?

着物の基本染と織りの違いは?着用場所は?

どこで着物や帯を買うのがお得か!和装小物は?

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0