So-net無料ブログ作成

安く買うために知っておきたい帯の基本!綴織!博多織! [着物基本]


呉服屋さんや着物チェーンで着物や帯を買うときは着物通を装いましょう。

販売員さんに素人と思われると、ものの価値以上の値段で買わされるかも?

呉服業界は怖い世界なのです!

このブログでは呉服屋さんや着物チェーンで着物や帯を買うときに損しないためのちょっとした情報をお伝えします。



綴織

綴織は模様を織り出す技法としては最も古いものです。

世界各地に見られエジプトではコプト人によって精密な綴織(コプト織り)が、

中国では剋糸(中国の綴織)が、ヨーロッパではゴブラン織りがあります。


綴織は経糸のしたに織りしたに絵を置き
そのした絵に沿って、模様を表す緯糸を折り返すように織ります。

このため模様の境い目の部分に「把釣孔」(はつりこう)とよばれる隙間ができます。

緯糸で経糸を包み込むように織るので、仕上った帯には経糸は全く見えません。

爪綴

ノコギリ型の溝を作った爪で緯糸を手前に掻き寄せながら織る本綴は爪綴とよばれる高級品です。

帯の格

金糸銀糸が使われた袋帯は留袖 や訪問着にあわせて礼装に

金糸銀糸が使われた名古屋帯は、付下げや 色無地にあわせて略礼装に

金糸銀糸が使われていない名古屋帯は気軽な付下げや 小紋にあわせられます。

博多織





縞や格子、独特の独鈷花皿模様(どっこはなざらもよう)が印象的な博多織り博多織りは、粋な着物姿には欠かせません!


くっきりと浮き出た模様は中国から伝わった浮き織りの技術をもとにしています。

今日の博多織りは16世紀後半に博多の組紐商が考案したものです。

博多織はまたの名を「博多献上」や単に「献上」ともよばれます。

これは江戸時代になって毎年3月に帯地、10月に裃が将軍に献上されたからです。


博多織はほかの産地のものに比べて緯糸が太く、経糸が密に織られています。


経糸に6000本から7000本もの絹糸を用いて、太い緯糸を強く打ち込んで織るため、織り上がった帯には横に畝が見えます。


ほかの織り帯が緯糸で模様を織り出すのに対して、博多織は経糸で模様を表現しています。

独鈷柄

密教の仏具の一種で煩悩を打ち砕くのに用いられる独鈷を転がしたときにできる模様を図案化したもの。


独鈷の連続模様を一本だけいれたものが「一本独鈷」

紗献上

紗織りの博多織のことで夏の洒落着や浴衣に最適です!


博多織は張りのある堅い厚地の帯なので名古屋帯や半幅帯に織られます。

きつく締めたときや大きく息をしたときに強く打ち込んだ緯糸がきゅっと鳴るのも博多織ならでわです。

 結びやすく着くずれしない帯として定評があります。

帯の格

小紋や紬などのお洒落着、江戸小紋や単衣の紬にも

どちらかと言うと春や秋向きです。

半幅帯は浴衣や普段着に 

スポンサードリンク




おすすめ記事

帯を賢く買う方法!お店を回ってセンスを養いましょう!

百貨店で着物や帯を安く買う方法!裏話です!

着物や帯を安く買うために知っておきたい!売り手の心理!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0