So-net無料ブログ作成

安く買うために知っておきたい帯の基本!染め帯!織りの帯! [着物基本]


百貨店や呉服屋さんで着物や帯を買うときに知識がないと損する場合があります。

百貨店の場合は知識がなければ親切に対応してくれますが呉服屋さんや着物チェーンでは「かも」にされる可能性があります。

それはなぜか?

百貨店の商品には値札がついていますので
どのお客様にも同じ値段で販売します。
(多少の値引きはあります。)


呉服屋さんや着物チェーンは値札がついてない場合が多いので着物や帯に関して素人だと思われると、高い値段で買わされる可能性があるんです。

怖い業界でしょう!

ですから深く知る必要はありませんが浅く知っておいて会話の端々に知識を挟んで行けば警戒されて無茶苦茶なことはしないはずです。

呉服屋さんや着物チェーンの販売員さんにとってお客様は獲物です。

少しの知識を持つだけでも全然違いますので、ぜひこのブログで覚えてください。

スポンサードリンク






帯の技法!

染め

白生地に地色や模様を染めた帯を、染め帯と言います。

主に紬や小紋の着物に合わせるおしゃれようです。

着物の場合は染めの着物が礼装用、織りの着物がおしゃれ用ですが、

帯の場合は基本的に逆になります。

染め帯は名古屋帯が主流ですが中には
格調のある袋帯もあります。


織り

一般的に礼装や準礼装に用いられます。
錦織、唐織、綴織など、金銀糸や色糸で有職模様や正倉院模様、名物きれ模様などを織り出したものが礼装用です。


模様は同じでも名古屋帯では準礼装となります。

袋帯は二重太鼓ですが名古屋帯は一重太鼓となるからです。


織りの帯の中でも紬やすくいの帯は礼装には使えず小紋や紬に合わせます。

染め帯

白生地に友禅染めや型染め、絞り染め、蝋纈染めなどを施したものを染め帯と言います。


カジュアルなものから華やかなものまで
多種多様で、季節感や遊び心にあふれたものは小紋や紬に合わせる洒落帯に、

金彩づかいなどの豪華なものは準礼装にも使えます。


染め帯に用いる白生地は、縮緬や綸子、紬、麻などの着物地と同じ素材を使うので、仕上がりは柔らかく優しい雰囲気になります。


そこに描かれる模様も季節感のあるものが多いので、季節に合わせて素材や柄を変えるのも染め帯ならではの楽しみです!

黒地におしどり模様羽田登喜男作縮緬染名古屋帯未使用品


おすすめ記事

帯を賢く買う方法!お店を回ってセンスを養いましょう!

着物や帯を安く買うために知っておきたい!売り手の心理

着物はなぜ高いのか?

スポンサードリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0