So-net無料ブログ作成

着物の初心者のあなたも着物通になれる帯の基本! [着物基本]

 このブログは着物初心者の方が着物や帯を適正価格で買っていただきたいので始めました。

すべてのお店がそうではないのですが呉服店や着物チェーンはお客様が素人だと思うと

高値で販売するお店も実際にあるのです。

逆に着物に詳しい方は本当にお得にきものや帯を買っています。

ぜひ勉強して少しでもきものや帯を安く買っていただき、

素敵な着物ライフを過ごしてください。

今回は名前を知ってるだけでも「おっ」と思われます。

ぜひ覚えておいてください。


金華山織

ビロード織に紋織りを組み合わせて豪華な帯に仕上げたもので、ループ(輪奈)になる糸と地を織る糸の二種類を使います。



ビロード織は一本置きに細い鉄芯を入れて、経糸を浮かして織り、ループを作ります。



金華山織は繻子地のビロード織に金糸などで模様を織り出したものです。



袋帯や名古屋帯に仕立てます。

風通



表と裏で色が反転する二重織物です。

中国の明から伝わりました。

表と裏に色の違う糸を用いて表裏で糸の色が反対になるように織るため表面に色違いの模様が表れます。



明治時代以降に普及して、帯地のほか御召などの着物地にも用いられます。



名古屋帯や袋帯に仕立てお洒落着に合わせます。

金襴



中国の宋代に織り始められた金蘭は、金糸で模様を織り出した華麗な織物です。



日本では室町、安土桃山時代に名物裂として茶人に珍重されました。



明治になってジャカード機が導入されると、西陣でも盛んに織られるようになり、現在は僧侶の袈裟地や能装束のほか、丸帯や袋帯にも使われます。



おもに礼装用です。

緞子(どんす)



地厚で絹糸の光沢を最大限に引き出した美しい織物です。



ベースは繻子織りでそこに金糸銀糸を使った艶やかな模様が映えます。



中国からの舶来品は金蘭同様、名物裂として珍重され、元禄時代から国産の緞子が作られるようになり、帯地としての最盛期は明治10年から20年代です、



現在は表具地や茶入茶仕覆に使われ、帯の場合は丸帯か袋帯はで礼装になります。

スポンサードリンク




引き箔



華やかな錦織の帯に欠かせないのが金糸銀糸、箔です。



金糸銀糸は箔を芯になる糸に巻き付けて撚りをかけた糸のことです。



箔は薄く伸ばした金箔や銀箔を帯幅に合わせた薄い和紙に漆を塗って張り付け、それを一ミリ以下の幅に細く裁断したものです。



この箔を織り込む技術を「引き箔」と読んでいます。



極細の箔は西陣織や唐織などを織るときに緯糸のようにして織り込みます。



地織に箔を織り込むことで金ぴかにならずに落ち着いた金や銀の美しさが生まれます。



最近は薄いフィルムに本金箔を直接コーティングしたものを糸状にカットして、色糸と共に緯糸に持ちいる方法もあります。

同じ柄の帯でも引き箔の帯とそうでない帯では金額が全然違います。

売り手側からすると値打ちもありますし金額も高くなるので同じ柄なら

引き箔の帯をすすめます。

お客様側からすれば同じ柄なら安いほうがいいですよね!

買うときにお店の方に「これは引き箔のいい帯ですよ」

などとすすめられたら最初のうちは「引き箔じゃないのでいいです。」

などといって断ればいいと思います。

(お店の方は高いものをすすめたがるので)

覚えておいてください。

おすすめ記事

どこで着物や帯を買うのが安くて!お得か!

 着物はなぜ高いのか?

帯を賢く買う方法!お店を回ってセンスを養いましょう

スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0