So-net無料ブログ作成

着物初心者のあなたも着物通に知っておきたい帯の基本! [着物基本]

着物初心者の方が呉服屋さんや着物チェーンに足を運ぶのはかなり勇気がいります。

はっきり言って着物初心者の方が呉服屋さんや着物チェーンに一人でいくことは

ないと思いますが(どなたかと一緒でしょう)

すごくいいにくいのですが呉服には定価がありませんお店によって

同じきものや帯でもお店によって値段が違います。

仕組みをお話すると

お店によってメーカーから仕入れる値段も違いますし、

モノの値段にプラスする利益がお店によって違うからです。

少しでもきものや帯を安く買うためには着物のことをよく知り

お店をまわりある程度の値段を把握することです。

このブログで少しでもお役に立てれば幸いです。


二陪織物(ふたえおりもの)



浮き織りの地に別の糸で模様を織り出したものです。



平安時代の貴族社会で用いられた、重厚で整った縫い取り技法によるもので、二倍織物、二重織物とも書きます。



十二単の唐衣や表着の文様のを思い浮かべるとイメージしやすいと思います。



全面に亀甲や唐草、菱などの地紋を浮き織りで表現し、さらにその上に丸文や花鳥文などの上文を別の糸で感覚をあけて織り出します。



地紋がなく、緯糸だけで模様を表したものを鎌倉時代以降は唐織物と呼び、やがてこれが能装束の唐織につながっていきます。



二陪織物の帯は有職文様などに織られることが多いので、グレードは高くなります。



袋帯は留袖や訪問着にあわせて礼装に用います。

スポンサードリンク




組帯



日本の組紐の技術から生まれた格のある帯です。



織物は経糸と緯糸が90度の角度で交差しますが、組物は二本の糸が縦方向に対して、45度の角度で交差します。



組の技術は飛鳥時代に中国や朝鮮から持ち込まれましたがその後日本の組紐の技術が発展し、帯まで作るようになりました。



日本に伝わった当初、組物は仏教用具の付属品として使われ、平安時代には束帯や弓具に用いられました。



安土桃山時代になると、女性用の細い組紐の帯が大流行し、その後も羽織紐や帯締めなどの装飾品に多用されました。



細い組紐を並幅の帯に組み上げる技術は京都の伊豆蔵明彦氏が正倉院宝物を研究し、組台や組方の工夫を重ねて完成させたものです。



金糸銀糸づかいの組帯はモダンな留袖や訪問着に似合います。



紹巴(しょうは)



基本は経糸と緯糸に強い撚り糸を用いた紋織物です。



現在、紹巴とよばれる帯は名物裂の紹巴と紹巴帯の二種類があります。



中国の明代から織られた紋織物のひとつで細かい横の杉綾状や山形状の地紋が特徴です。



二重組織になっており、二色の緯糸で地の部分と模様の部分を表現します。



経糸緯糸に強く撚りをかけた糸を用いるため、織り上がりは柔らかくしなやかです。



紹巴の名前は利休の高弟の里村紹巴が愛用したことから名付けられました。



一方、紹巴帯は名物裂の上品な柄や風合いを表現しようと開発されたものです。



二種類の経糸を交互につかい一方を芯糸としてもう一方の経糸で表裏の緯糸を平織りにとじた組織です。

おすすめ記事

百貨店で着物や帯を安く買う方法!裏話です!

どこで着物や帯を買うのが安くて!お得か!

帯を賢く買う方法!お店を回ってセンスを養いましょう!


スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0