So-net無料ブログ作成

知っておきたい帯の基本!花織!きものや帯を安く買う方法! [着物基本]


知らないと損しますよ!

 

呉服業界は怖いんです。

悪質なお店はあなたが着物に無知 だと分かると相場以上の値段で販売したりします。

逆にあなたが少しは着物について知っているとアピールできれば一目置かれて値引き交渉に有利ですよ! 

今回登場する沖縄の織物は着物に親しんでくるとよく出てくるものばかりです。

こういうお洒落着の着物や帯はお店によって本当に値段が違います。

人間国宝の作品や普通の作家さんのものなどさまざまです。

販売している人間もよく知らない場合もあります!

通常はなかなか呉服屋さんや着物チェーンでもたくさん所有していません。

本場の沖縄に行けば別ですが!

大きな催しの企画などで実際にみることが出来るかもしれません。


櫛織(くしおり)



櫛でかいて複雑な織り目を表現する。



織る過程で櫛を用いて経糸をかきながら織ることから、この名がつきました。



生地の密度が織り目に合わせてさまざまに変化し、経糸がよろけて見える

独特の透け感が涼を誘います。



そのため、おもに夏の帯として人気がありますが、緯糸に多彩な糸を用いて

布のように織り上げた袷用の帯もあります。



いずれも小紋や紬に合わせます。



織成(しょくせい)



模様の輪郭が柔らかな伝統の織物です。



平織りで綴織の一種です。



綴織は模様部分だけに緯糸を織り込みますが、織成では地緯糸として、

別の細い緯糸が全幅に色緯糸と交互に入れられるため、綴織のようなはっきりとした模様が現れません。



その輪郭のあいまいさがこの織物の魅力にもなっています。



織成は奈良時代から織られている伝統の技法です。



太い絹糸を用いるため織り上がりはやや厚手似ているなります。



袋帯や名古屋帯に仕立てて色無地や小紋、紬に合わせます。

 



一見、刺繍のようにもみえる花織は沖縄で織られている浮き織りです。



経糸と緯糸を浮かせてさまざまな模様を織り出した、可憐で素朴な味わいが魅力です。



首里の織物のなかに手巾(ティサージ)という手ぬぐいを大きくしたような

染織品があります。



大切な人に贈るお守りのようなものですがその手巾の模様に

使われていたのが花織や絣でその技法を帯に転用したものが首里花織の帯です。



花織は沖縄では「はなうい」とよばれ地組織が浮くもの(経糸や緯糸が浮くもの)

と浮き糸を加えるもの(縫い取り)があります。



これらの技法を使って、首里花織のほか、読谷山花織、南風原花織、与那国花織などが織られています。



幾何学模様が多いわりにシャープで冷たい感じにならないのは、

おおらかな南国生まれだからでしょうか。



織りの着物に合わせて、個性的なお洒落を楽しみたい帯です。



ミンサー織


ざっくりとした織り味の木綿帯です。



沖縄の八重山諸島や本島の首里で織られるミンサーの帯は、

本来は木綿糸を地元の琉球藍や紅露(クール)などで染めた糸で織られます。



薩摩から持ちかえった木綿を栽培し、沖縄本島で棉花が

生産されるようになったのは17世紀頃です。



やがて八重山諸島でも栽培されるようになり、ミンサー織が始まったといわれます。



5つと4つの絣柄に特徴があります。



現在は紬帯、半幅帯、名古屋帯などが織られ、浴衣や紬、木綿の着物などに合わせます。

ミンサー織は5つと4つの絣柄を交互に組み合わせて織られるのが主流です。

これは

「いつ(5つ)の世(4つ)も末永く」との願いが込められています。

お得に買う情報!

このようなおしゃれ着用の帯ミンサーや花織などは呉服屋さんや着物チェーンで買うとかなり高値で買うことになるでしょう。

通常は店頭にあまり置かない商品だからです。

あなたが「花織の帯やきものを探しています」とお店の方に尋ねると

店頭にその商品が無い場合メーカーに連絡します。

メーカーから仕入れるのではなく借りるのです。(売れるかどうかわかりませんから)

当然メーカーも買ってもらう時より高値で貸し出します。

必然的に販売価格は高くなるのです。

呉服の値段がお店によって違うのはこういうカラクリもあるのです。

※名前のはっきりした商品はネットで調べましょう。

ネットの値段を把握した上でお店に行けば交渉に有利です。

「ネットでいくらででてた」とお店の方に告げれば無茶苦茶な値段は

提示しないはずです。参考にしてください!

おすすめ記事

着物はなぜ高いのか?

着物や帯を安く買うために知っておきたい!売り手の心理!

百貨店で着物や帯を安く買う方法!裏話です!

 




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0