So-net無料ブログ作成

注染アンティーク紺色浴衣セットが安い!本物志向の方に! [おすすめ浴衣]

本物の志向のあなたこの浴衣を購入しないと損ですよ!

本物にこだわりたいあなたは最近のプリント浴衣では満足できないんじゃないですか?

本物を探そうとすると一番は百貨店です。

でも百貨店で浴衣を購入するとかなりの金額になります。

私は普段老舗のきもの問屋の営業として百貨店の呉服売場に出入りしています。

3月になりましたね!

百貨店の呉服売場では4月から本格的に浴衣の展開がはじまります。

さすがに百貨店だけあって有名ブランドの浴衣が品揃えされます。



浴衣一式の相場は!

百貨店でブランドの浴衣を一式(浴衣、帯、下駄)を揃えようとすると5万円以上にはなります。

巾着や飾りひもなど浴衣小物を加えると軽く六万円以上です。

驚くほど高いですよね!

確かに物の値打ちは間違いないですがそこまで浴衣にお金をかける必要はないと思います。



浴衣はファッション!

浴衣はファッションですから流行もありますし毎年同じ浴衣を着るわけにはいきません。

高い浴衣はは生地もしっかりしていますし、透ける心配もほとんどありません。

かといって安物は生地がペラペラです。

今回は本物にこだわりたいあなたにおすすめの注染アンティークゆかた5点です。

スマホやデジカメでも写真に残したりインスタにあげたり色々と楽しめるので。

友だちと差をつけたい人より目立ちたいあなたにおすすめの浴衣です。

お気に入りのアクセサリーや巾着、カゴバッグでコーディネートすれば

さらに自分らしい浴衣スタイルを楽しめます。

この浴衣を販売しているutataneさんは楽天市場でも浴衣販売実績も上位の店舗なので安心して購入できます。



おすすめ注染アンティーク浴衣①

imgrc0060609516.jpg


おすすめ注染アンティーク浴衣②

img58759010.jpg



おすすめ注染アンティーク浴衣③

imgrc0069557091.jpg



おすすめ注染アンティーク浴衣④


imgrc0069557202.jpg


おすすめ注染アンティーク浴衣⑤

imgrc0062071574.jpg




注染とは

 布に模様を染める技法のひとつで日本の伝統技法です。
反物に型紙で染めない部分に糊をつけ
乾燥後に染める部分に土手を作り、その土手のうち側に
染料を注いで布を染めます。
この注ぐ作業から注染(ちゅうせん)と呼ばれるようになりました。
染料は布の下側に抜けるため、布の芯まで染まり、裏表なく柄が鮮やかで色褪せしにくいことが特徴とされています。
伝統産業で現在も広く愛されている技法です。
現在は大量生産を目的にプリントによる方法が主流になりましたが注染の浴衣のもつ柔らかさ、表裏に現れる柄
表現の繊細さは再現出来ません。
今回紹介している浴衣は1930年から1940年代の戦前に実際に使用されていたアンティーク図案なんです。
戦前の注染型が大切に保管されていたものを特別に使用し復刻した


まさに本物のレトロ柄なんです。

アンティーク着物が好きな方はもちろんですが 
絶対に本物にこだわりたいあなたにぜひおすすめしたい浴衣なんです。
今回紹介したアンティーク浴衣セットどれも素敵だと思いませんか?
思いますよね!
浴衣を来て出かけるのは一年に一回です。
最近では花火大会やお祭り以外でも浴衣を着て出かける機会は増えています。
utatatne( うたたね)さんは浴衣本来のもつ夏の装いならではの美しさと
 着物よりもカジュアルに着こなせる浴衣だからこその遊び心を取り入れ、
色、柄、素材技法にもこだわっておられます。
着物よりも圧倒的に身近で値段も手頃なので気軽に手が届く浴衣で
きもの初心者の方あなたも気負わずに始めてください!
みんなが着るからこそ高品質で上品なutataneさんの浴衣セットで楽しい夏の思い出をたくさん作ってください!


京都の街は今、レトロな着物を着て歩くのがブームです。(レンタルですが)
夏休みに京都旅行はお気に入りのマイ浴衣持参でいらしてください。
京都の街並みと浴衣の相性はバッチリです。
素敵な思い出になりますよ!
ただいま3月4日からはスーパーセール期間なので人気の柄は売り切れるかも知れません。
ぜひリンクをクリックしてショップを訪れてください。 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0