So-net無料ブログ作成

千總(ちそう)古典柄振袖を安く購入する方法!黒色仕立て付き! [千總振袖]

千總(ちそう)の振袖黒色が38万円ですよ!


しかも仕立てつきです。


私は老舗着物問屋の営業マンです。


普段は百貨店の呉服売り場に出入りしています。


このブログでは私が楽天市場で見つけた掘り出し物を紹介しています。


振袖や訪問着、留袖、袋帯などが最低でも百貨店の相場価格の2割くらいは安く購入できます。


ものによっては半額以下で購入できるものもありますよ!


是非参考にしてくださいね!


今回の掘り出し物!


京友禅の老舗ブランド「千總」の古典柄最高級振袖です。




地色は黒色で柄も大柄なので背の高い方におすすめです。


千總は百貨店や高級呉服店しか取り扱えないのでめったにネットショップでは出品されません。


百貨店でも特選呉服として取り扱われてセレブ御用達ブランドなんです。


ヨーロッパのラグジュアリーブランドと同じ感覚です。


百貨店の呉服セールでも千總の振袖はめったに出品されません。


出品されてもわずかです。


百貨店で千總の振袖で1式揃えるためには


振袖にあわせる帯、草履バッグ、帯締め帯揚げなどの振袖小物も含めると200万円くらいは必要です。


安く抑えることもできますが振袖に見劣りしてはもったいないです。


成人式はもちろん親族や友人の結婚式など、どんな格式のあるシーンで着用しても恥ずかしくありません。


千總の古典柄の振袖は時代を経ても決して色あせることはありません。


将来結婚して娘さんが出来たら仕立て直しをすれば着せてあげることも可能です。


親子で同じ振袖を着て成人式に出席するなんて素晴らしいですよね!


記念写真も親子共通の思い出になりますね!


まだ来年の成人式まで日にちはありますがこの時期に振袖を購入する人は多いんです。




2月3日からはお買い物マラソンが始まります。


現品限りなので売り切れ必至です。


もっと画像や詳しい説明が知りたい方はリンクをクリックしてショップを訪れてください!


 



千總(ちそう)とは
創業450年の歴史を持つ京友禅の老舗です。
創業者は「千切家西村与三右衛門」です。

現在の当主は「十五代西村總左衛門」です。

ちそうの名は 千切の「千」と總左衛門の「總」に由来していて、
ちそうの紋は 滕(千切)に橘、菊、藤の花をあしらったものです。

スポンサードリンク

オススメ記事

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。