So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

色無地におすすめの河合美術織物袋帯が53800円!相場の半額以下! [おすすめ袋帯]

imgrc0068492659.jpg

私は老舗着物問屋の営業マンです。


普段は百貨店の呉服売り場に出入りしています。


このブログでは私が楽天市場で見つけた掘り出し物を紹介しています。


百貨店の相場の値段の最低でも2割くらいは安く購入できます。


今回紹介するのは西陣の有名ブランド河合美術織物の唐織袋帯おすすめ3点です。


訪問着はもちろんですが私のおすすめは色無地です。


たくさんの色糸が使われてるので着物の地色は問いません。


百貨店では15万円以上で出品されてる帯が仕立て付きで53800円は10万円近くも安く購入できるんです。


絶対にお得です。


唐織とは


能装束の織りとしても知られる唐織は、光沢のある美しい緯糸を浮かせて模様を織り出したもので一見刺繍のような趣を持っています。

唐織は室町時代に中国の明から伝わった織物で中国から船に積まれたものは唐代のものにかかわらず「唐」という名前をつけてよばれることが多かったことからこの名前がついたと言われています。

西陣では室町時代に組織が解明され、織り始められました。

唐織 は江戸時代になるといっそう手の込んだ豪華なものとなり、大名夫人の打掛に引っ張りだこでした。

現代でも唐織の人気は衰えず、能装束のほか帯としても盛んに織られています。

唐織の地は三枚綾とよばれる綾織(斜文織り)が主流ですが、夏用の絽や紗もあります。

模様を織り出す色緯糸を「絵緯」といいます。

格調の高い唐織の帯には、絵緯糸に滋賀県で生産されている良質な繭から手引きしただるま糸が用いられます。

目の詰んだ織りにするために地色になる経糸を濡らしながら織り、さらに本格的になると糸の湿度を保つために「埋機」(うめばた)とよばれる土を掘ったところに設置した機で織られます。

だるま糸

唐織の絵緯糸に用いられるだるま糸は現在は滋賀県伊香郡でわずかに生産されています。

だるま糸は同じ絹でも錦糸にくらべて太く光沢があるのが特徴です。

 

座繰り(繭から糸を引き出す)糸が使われ、糸を引き出す姿がだるまを連想させることから名付けられました。

もっと画像や詳しい説明が見たい方はリンクをクリックしてショップを訪れてください。

10万円も得するチャンスですよ!








nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。