So-net無料ブログ作成

藤井寛振袖に!振袖帯ゴールドがセールで安い!画像あり! [オススメ振袖袋帯]

私は老舗着物問屋の営業マンです。


普段は百貨店の呉服売り場に出入りしています。


このブログでは私が楽天市場で見つけた掘り出し物を紹介しています。


百貨店で取り扱っている有名ブランドのきものや帯がほとんどなので安心してください!


百貨店相場の値段より最低でも2割くらいは安く購入できるんです。


例えば百貨店で30万円の振袖だったら6万円も安く購入できるんです。


振袖用の草履バッグを買ってもまだ帯締めや帯揚げまで買えるくらい安いんです。


ぜひ参考にしてくださいね!


今回の掘り出し物

1120657.jpg


西陣の老舗で唐織で有名な藤原織物の大熨斗華文と題された引き箔の振袖帯です。


熨斗目柄は振袖にもよく描かれるがらです。


私も高級な振袖にはよく藤原織物の振袖帯をコーディネートしますよ!


百貨店では28万円くらいで出品されてます。


藤井寛の振袖のような本格古典柄の重厚な振袖にコーディネートすると豪華になります。


振袖着用後も訪問着や色留袖にもコーディネート出来るので大変重宝しますよ!


引き箔とは

華やかな錦織の帯に欠かせないのが金糸銀糸、箔です。

金糸銀糸は箔を芯になる糸に巻き付けて撚りをかけた糸のことです。

箔は薄く伸ばした金箔や銀箔を帯幅に合わせた薄い和紙に漆を塗って張り付け、それを一ミリ以下の幅に細く裁断したものです。

この箔を織り込む技術を「引き箔」と読んでいます。

極細の箔は西陣織や唐織などを織るときに緯糸のようにして織り込みます。

地織に箔を織り込むことで金ぴかにならずに落ち着いた金や銀の美しさが生まれます。

最近は薄いフィルムに本金箔を直接コーティングしたものを糸状にカットして、色糸と共に緯糸に持ちいる方法もあります。

同じ柄の帯でも引き箔の帯とそうでない帯では金額が全然違います。

売り手側からすると値打ちもありますし金額も高くなるので同じ柄なら

引き箔の帯をすすめます。

お客様側からすれば同じ柄なら安いほうがいいですよね!

買うときにお店の方に「これは引き箔のいい帯ですよ」

などとすすめられたら最初のうちは「引き箔じゃないのでいいです。」

などといって断ればいいと思います。

(お店の方は高いものをすすめたがるので)

覚えておいてくださいね!

ネットで高額なきものや帯を購入するのが不安な方は返品もできます。
返品ご希望の商品は、返品カード(必要事項を記入)を同封し、商品受取日より10日以内(商品受取日を1日目と起算)に弊社必着にてご返送ください。
Web集荷受付サービスの受付期限は、受取日より8日目の21:00です。
例:商品お受取日が5/10の場合
  Web集荷依頼サービス受付期限…5/17(8日目)21:00まで
  集荷最終日…5/18(9日目)
ショップ引用
変更がある場合もあるので必ずショップに確認してくださいね!
またこちらのショップは京都はもちろん東京銀座、名古屋栄、大阪梅田、福岡天神に実際に店舗を運営しています。
問い合わせればお近くの店舗で現物を確認できるシステムもあるそうですよ!
ネットの画像だけでは高額なきものや帯は購入できませんよね!
詳しくはショップで確認してみてください1

この藤原織物の振袖帯の詳しい説明やもっと画像がご覧になりたいあなたはリンクをクリックしてショップを訪れてください



スポンサードリンク

オススメ記事





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。