So-net無料ブログ作成

夏牛首紬の染袋帯(ブルー)が安い!相場は?塩沢紬にあわせて! [オススメおしゃれ帯]

希少な夏牛首紬の染袋帯が安い!


1202281.jpg


牛首紬は日本三大紬のひとつです。


そのなかでも牛首紬は年間数百反しか生産量がありません。


そのなかでも夏の牛首紬は希少です。


牛首紬を透け感のある夏使用にしたのが今回紹介する白山工房の夏牛首紬の染袋帯です。


涼しげなブルーの地色に涼花が全通柄に京都で染め上げられた逸品が75600円なんですよ!


牛首紬はシワになりにくく丈夫なことから「くぎ抜き紬」と言われるほどです。


親子三代に渡って着られるんです。


袋帯なので訪問着とコーディネートするとドレッシーな着こなしが楽しめますよ!


素敵な地色なので塩沢紬のようなスッキリした印象のものとコーディネートしたいですよね!


このハイセンスな夏牛のもっと画像が見られます。



リンクをクリックしてショップを訪れてみてください!



ショップ引用

【本場夏牛首】 特選染袋帯
全国に数ある紬の織物の中でも希少性が高く、且つファンの多い牛首紬。
その牛首紬の夏生地に、全通に渡って京都で別染された夏の特選しゃれ袋帯のご紹介です!

日本の三大紬、大島・結城・牛首。
双子の蚕(玉繭)から取れる希少な糸だけ用いるため、
年間生産量が一番少ないと言われる牛首紬です。

さらに夏牛首の生地となると、生産数も限られるため、それ自体が稀少なお品です。

白山山麓、白峰村に今も織り継がれる牛首紬。加賀の国・白峰村一帯の集落は、
古くから自然の玉繭を原料に手機紬が織られてまいりました。
しなやかで強くシワになりにくく、かつ独特の地風と、
光沢の素晴らしい風合いの耐久性に優れた牛首紬は、
釘にかけても破れないほど丈夫と言い伝えられておりますので、
別名「釘抜紬」とも呼ばれます。

そんな牛首紬と同じ糸、製織方法を用いつつも、透け感を備えた夏の牛首紬地。
爽やかな青色の帯地に、
涼し気な表情の涼花の意匠を染めこみました。
現代的なお柄や配色は、全体に爽やかな彩りで
お着物合わせにも重宝頂ける夏のカジュアル帯です。

素材の素晴らしさと染めの美しさ、両方を味わっていただける逸品です。
確かな伝統工芸品に創作されたとびきりの洒落心を、
どうぞ心ゆくまでご満喫くださいませ。

なかなかない創作力の高い作品と存じます。
どうかお見逃しなくお願いいたします。






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。